This Confluence has been LDAP enabled, if you are an ASF Committer, please use your LDAP Credentials to login. Any problems file an INFRA jira ticket please.

Child pages
  • 1.1.1.2. アプリケーション・モジュールの開始と停止
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

アプリケーションのステータスは2つの異なる方法で変更できます。デプロイヤー・ツールかGeronimo管理コンソールです。

前述したとおり、 デプロイヤー・ツール にはたくさんのコマンドがあります。 1.1.1.1. アプリケーションのインストールと除去セクションでは、主にdeployとundeployを調べ、ごく簡単にlist-modulesに言及しました。このセクションではステータスを変更したいモジュールの名前を入手するためのlist-modulesコマンドについてフォーカスし、さらに新しいコマンド startstop もご紹介します。後半では、別の方法としてGeronimo管理コンソールにも言及します。

list-modules コマンドは以下のパラメータを受け入れます。

  • --all : は他のオプションが指定されなかった時のデフォルトです。利用可能なモジュールをすべてリストします。
  • --started : このオプションは現在起動中のモジュールのみをリストします。
  • --stopped : このオプションは現在起動していないモジュールのみをリストします。

コマンドの最後に target を指定することもできます。ただ、このオプションはあまり使われることはありません。なぜなら、殆どの場合、個々のサーバーでは構成ストアはひとつしか定義されていないからです。もしtargetが指定されない場合は、すべてのターゲットのすべてのモジュールがリストされます。Targetが指定された場合はそのターゲット上のモジュールのみがリストされます。

この機能は特定のモジュールのステータスやモジュールID自体を特定する際に便利です。これからこのコマンドを使って、 HelloWorld アプリケーションを特定し、そのステータスを変更してみます。

<geronimo_home>/binディレクトリーで、すべてのモジュールをリストするための下記のコマンドをコマンド・ライン・ウインドウから入力します。

deploy --user system --password manager list-modules

そのサーバーにインストールされているすべてのモジュールのリストが入手できます。開始されているモジュール群は左側の 印で識別され、かつリストの先頭のほうに表示されている点にご注目ください。

D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2\bin>deploy --user system --password manager list-modules
Using GERONIMO_BASE:   D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2
Using GERONIMO_HOME:   D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2
Using GERONIMO_TMPDIR: D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2\var\temp
Using JRE_HOME:        C:\Java\jdk1.5.0_06\\jre
Found 47 modules
  + console.dbpool/LocalDB/1.0/rar
  + console.dbpool/jdbc%2FTradeDataSource/1.0/rar
  + org.apache.geronimo.configs/activemq/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/activemq-broker/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/axis/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/axis-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/axis2/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/axis2-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/client-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/connector-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/cxf/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/cxf-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/dojo-tomcat/2.0-M2/car @ http://hcunico:8080/dojo
  + org.apache.geronimo.configs/geronimo-gbean-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/hot-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/j2ee-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/j2ee-security/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/j2ee-server/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/j2ee-system/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/javamail/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/jee-specs/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/openejb/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/openejb-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/persistence-jpa10-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/remote-deploy-tomcat/2.0-M2/car @ http://hcunico:8080/remote-deploy
  + org.apache.geronimo.configs/rmi-naming/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/sharedlib/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/system-database/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/tomcat6/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/tomcat6-deployer/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/transaction-jta11/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/webconsole-tomcat/2.0-M2/car
      `-> standard.war @ http://hcunico:8080/console-standard
      `-> framework.war @ http://hcunico:8080/console
  + org.apache.geronimo.configs/webservices-common/2.0-M2/car
  + org.apache.geronimo.configs/welcome-tomcat/2.0-M2/car @ http://hcunico:8080/
  + sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war @ http://hcunico:8080/hello
    org.apache.geronimo.configs/ca-helper-tomcat/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/client/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/client-security/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/client-system/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/client-transaction/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/directory/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/ldap-realm/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/online-deployer/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/openjpa/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/shutdown/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/transformer-agent/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/uddi-tomcat/2.0-M2/car

私たちの求めているモジュールは" + sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war @ http://hcunico:8080/hello " であり、左に 印があるので、このモジュールのステータスは started 状態です。また、以下のコマンドで、開始されたモジュールのみをリストすることもできます。

deploy --user system --password manager list-modules --started

" sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war モジュールを停止するには、以下のコマンドを入力します。

deploy --user system --password manager stop sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war

そのモジュールが停止したことを示す以下のような確認用のメッセージが表示されます。

D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2\bin>deploy --user system --password manager stop sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war
Using GERONIMO_BASE:   D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2
Using GERONIMO_HOME:   D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2
Using GERONIMO_TMPDIR: D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2\var\temp
Using JRE_HOME:        C:\Java\jdk1.5.0_06\\jre

    Stopped sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war

停止されたモジュールをすべてリストした場合には、 sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war がそのリストに含まれていることでしょう。以下の例でコマンドの結果をご覧ください。

D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2\bin>deploy --user system --password manager list-modules --stopped
Using GERONIMO_BASE:   D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2
Using GERONIMO_HOME:   D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2
Using GERONIMO_TMPDIR: D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2\var\temp
Using JRE_HOME:        C:\Java\jdk1.5.0_06\\jre
Found 15 modules
    org.apache.geronimo.configs/axis2/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/ca-helper-tomcat/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/client/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/client-security/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/client-system/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/client-transaction/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/cxf/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/directory/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/ldap-realm/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/online-deployer/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/openjpa/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/shutdown/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/transformer-agent/2.0-M2/car
    org.apache.geronimo.configs/uddi-tomcat/2.0-M2/car
    sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war

モジュールを開始するには、stopのかわりに start を使えばよいだけです。

deploy --user system --password manager start sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war

そのモジュールが開始したことを示す以下のような確認用のメッセージが表示されます。

D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2\bin>deploy --user system --password manager start sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war
Using GERONIMO_BASE:   D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2
Using GERONIMO_HOME:   D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2
Using GERONIMO_TMPDIR: D:\geronimo-tomcat6-jee5-2.0-M2\var\temp
Using JRE_HOME:        C:\Java\jdk1.5.0_06\\jre

    Started sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war @
    http://hcunico:8080/hello

モジュールのステータスを変更する際には、コマンド・ライン・オプションの代わりにGeronimo管理コンソールを利用することもできます。Geronimo管理コンソールを開き、左側のConsole NavigationメニューからApplicationsへと辿ります。Application EARsWeb App WARs が見つかるので、ステータスを変更したいアプリケーションの種類によって、いずれかを選択してください。この例では、サンプル・アプリケーションとしてHelloWorld.warを使用しますので、 Web App WARs を選びます。

このポートレットは 1.1.1.1. アプリケーションのインストールと除去 セクションでGeronimo管理コンソールを使ってアプリケーションのインストールや除去を行った際に使用したものです。同じポートレットからアプリケーションのステータスを変更できます。使用可能なコマンドの種類は現在のアプリケーションのステータスによって異なります。もしアプリケーションが running ステータス(開始)であれば、 StopRestart が表示されているはずです。もしアプリケーションが stopped ステータス(停止)であれば、 Start のみが表示されています。 Uninstall コマンドはアプリケーションのステータスとは関係なく常に表示されています。アプリケーションのステータスを変更するには、ただ、そのコマンド(StartやStop)をクリックすればよいだけです。

  • No labels