This Confluence has been LDAP enabled, if you are an ASF Committer, please use your LDAP Credentials to login. Any problems file an INFRA jira ticket please.

Child pages
  • 1.7.2. 非 root ユーザーでの Geronimo 実行
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

スーパー・ユーザー root のもとで Geronimo サーバー・プロセスを稼動させることには躊躇する場合が多いと思います。以下は簡単なステップによって、オーナーシップとパーミッションを必要なファイルに対して変更し、Geronimo を異なるユーザーで実行できるようにします。

以下のタスクを root もしくは同等の権限を所有するユーザーで実行してください。

  1. 新規ユーザー(ここでは gmo)を作成し特定のユーザー・グループに追加します。例えば、あらかじめ定義された www ユーザー・グループを使用します。
  2. 作成したユーザーの .bashrc を編集し、 PATH および JAVA_HOME 変数を追加します。
    PATH=$PATH:<java_home>/bin
    export PATH
    JAVA_HOME=<java_home>
    export JAVA_HOME
  3. <geronimo_home>下の全サブディレクトリーへのユーザー・グループ権限を変更します。
    chown -R root:www <geronimo_home>
  4. <geronimo_home> ディレクトリー構造内に deploy ディレクトリーを作成します。
  5. 以下のディレクトリーへのアクセス・パーミッションを変更します。
    chmod -R 774 <geronimo_home>/bin
    chmod -R 774 <geronimo_home>/deploy
    chmod -R 774 <geronimo_home>/repository
    chmod -R 774 <geronimo_home>/var
  6. 新規ユーザー(ここでは gmo)でログインします。
  7. <geronimo_home>/bin にディレクトリーを変更します。
    cd <geronimo_home>/bin
  8. ./geronimo.sh を実行します。
    ./geronimo.sh run

root 以外のユーザーで実行し、アプリケーションを deploy できるようになりました。

  • No labels