This Confluence has been LDAP enabled, if you are an ASF Committer, please use your LDAP Credentials to login. Any problems file an INFRA jira ticket please.

Child pages
  • 4.1.1. ソースから J2G をビルド
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

ソースからビルド

アプリケーションの移行する目的で J2G の使用に興味を持っていましたら、この解説はあなたのためでないかもしれません。それは、ソースから J2G をコンパイルする手順として提供するつもりです。J2G のバイナリー・コピーのダウンロードに関する情報については、Geronimo Development Tools ページを開いてください。

最新ソースから J2G をダウンロード、および、ビルドすることにより、ツール・セットに対して変更や追加が行えます。なお、必要条件や手順は、次の通りです。

必要条件

ソースコードの入手

必要条件の通りにインストールすれば、リポジトリーからソースコードをチェックアウトしてもよいタイミングです。これを実行するには、コマンドライン上から "svn co" コマンドを使用してください。現在、J2G のリポジトリーは https://svn.apache.org/repos/asf/geronimo/devtools/j2g です。

svn co http://svn.apache.org/repos/asf/geronimo/devtools/j2g/trunk j2g

ビルド

J2G のルート・ディレクトリーより、下記のコマンドを実行してください:

mvn install assembly:assembly

テストの無効化

ビルド中のユニット・テストを無効化するには、下記のコマンドを実行してください:

mvn install -Dtest=false assembly:assembly

デプロイ

ツールをビルド完了後、次のステップを踏むことによってデプロイ可能となります:

  1. <j2g-home>/target 上で、作成された配布物を解凍します。
  2. コマンドライン上で、配布物の bin ディレクトリーへ移動します。
  3. OS に適した j2g-configure スクリプトを実行します。
  • No labels