This Confluence has been LDAP enabled, if you are an ASF Committer, please use your LDAP Credentials to login. Any problems file an INFRA jira ticket please.

Child pages
  • 5. クイック・スタート - いますぐ始めたい人の Apache Geronimo
Skip to end of metadata
Go to start of metadata
{scrollbar}

とにかく一刻も早く Apache Geronimo を動かしたい方のために、ここではダウンロードや(必要に応じ)ビルドについての基本的なステップをご紹介します。10分にも満たない時間でサーバーを稼動させることができます。

2

ソフトウェアの入手*

現在2つの方法でリリース済みのソフトウェアを入手することができます。 一つはApache SVN リポジトリーからリトリーブする方法ですが、より早くて簡単な方法はバイナリーを直接 Apache Geronimo サイトからダウンロードすることです。ここでは手っ取り早く Apache Geronimo を稼動させるためにも、後者のバイナリー・ダウンロードについて扱います。

事前準備*

この導入パスが最速とはいえ、 Geronimo 以前に導入を要するソフトウェアがいくつかあります。

J2SE 1.5

Apache Geronimo v2.0 は、Sun JDK 5.0+ (J2SE 1.5.0+) のフル・サポートを提供しています。下記 URL に J2SE 1.5 のダウンロード / 導入に関する詳細が記載されていますので、未導入の場合は J2SE 1.5 環境を導入・設定してください。

http://java.sun.com

バイナリーのダウンロード

Apache Geronimo を導入し実行するプラットフォームごとに適切な導入イメージを選択します。Web ブラウザを開き、下記 URL に接続すると、ダウンロード・パッケージ(バイナリーおよびソース・コード)が入手可能です。

http://geronimo.apache.org/downloads.html

ご自身の環境にあった圧縮形式(zip, tar, gz)のファイルを選択し、ダウンロードしたバイナリー・ファイルを適切なディレクトリーに展開します。もしz:/Geronimo に展開したのであれば、以降 <geronimo_home> と読み替えます。

Apache Geronimo の導入は、zip, tar, gz ファイルを解凍するだけです。次にサーバーを始動します。 

サーバーの始動*

Apache Geronimo が導入されたら、コマンド・ライン・コンソールを開き、ディレクトリーを <geronimo_home>/bin に変更し以下のコマンドを実行します。

geronimo run

このスクリプトによりコマンドを実行した端末上でサーバーが開始されます。サーバー始動後に下記のような画面が出力されます。

dashed D:\geronimo-jetty6-jee5-2.0\bin>geronimo run Using GERONIMO_BASE: D:\geronimo-jetty6-jee5-2.0 Using GERONIMO_HOME: D:\geronimo-jetty6-jee5-2.0 Using GERONIMO_TMPDIR: var\temp Using JRE_HOME: C:\Java\jdk1.5.0_06\jre Booting Geronimo Kernel (in Java 1.5.0_06)... Starting Geronimo Application Server v2.0 [*********************************] 100% 40s Startup complete Listening on Ports: 1050 127.0.0.1 CORBA Naming Service 1099 0.0.0.0 RMI Naming 1527 0.0.0.0 Derby Connector 2001 127.0.0.1 OpenEJB ORB Adapter 4201 0.0.0.0 OpenEJB Daemon 6882 127.0.0.1 OpenEJB ORB Adapter 8009 0.0.0.0 Jetty Connector AJP13 8080 0.0.0.0 Jetty SelectChannel Connector HTTP 8443 0.0.0.0 Jetty Select Channel Connector HTTPS 9999 0.0.0.0 JMX Remoting Connector 61613 0.0.0.0 ActiveMQ Transport Connector 61616 0.0.0.0 ActiveMQ Transport Connector Started Application Modules: EAR: org.apache.geronimo.configs/webconsole-jetty6/2.0/car RAR: org.apache.geronimo.configs/activemq-ra/2.0/car RAR: org.apache.geronimo.configs/system-database/2.0/car WAR: org.apache.geronimo.configs/dojo-jetty6/2.0/car WAR: org.apache.geronimo.configs/remote-deploy-jetty/2.0/car WAR: org.apache.geronimo.configs/welcome-jetty/2.0/car Web Applications: / /console /console-standard /dojo /remote-deploy Geronimo Application Server started

上記画面はサンプルですので、"..."という文字列で切れていたりなど、実際の表示とは若干異なりますのでご留意ください。

Apache Geronimo サーバーをテストしてみましょう。Web ブラウザで下記 URL をクリックし、Geronimo コンソールをテストします。Geronimo 管理コンソールが最初にテスト可能なアプリケーションです。都合よく、フルスタックのJ2EE 認定ディストリビューションとしてデプロイされています。

http://localhost:8080/console

ユーザー名にはsystem 、パスワードには manager をそれぞれ入力します。

下図が Web コンソールのイメージです。

この時点ですでにApache Geronimo を動かしていますが、ここまでに費やした時間はとても短いです。次のセクションではとても基本的な JSP サンプルを通して、どうやってアプリケーションのデプロイと実行を行うか、をご紹介します。

サンプル・アプリケーションの作成とデプロイ*

こういった場合のサンプルとして皆さんよくご存知の HelloWorld のサンプル JSP を使ってテストしてみましょう。新規のディレクトリーを作成し、アプリケーション関連ファイルをそこに入れることにします。以降そのディレクトリーを*<app_home>* と記載します。

<app_home> ディレクトリーにプレーンなテキスト・ファイルで HelloWorld.jsp を作成し、下記例のコンテンツをコピーします。

javasolidHelloWorld.jsp <html> <head> <jsp:useBean id="datetime" class="java.util.Date"/> <title> Basic HelloWorld JSP </title> </head> <body bgcolor="#909DB8"> <h1> <font face="tahoma" color="white"> Hello world from GERONIMO! </font> </h1> <font face="tahoma" color="white">on ${datetime}</font> </body> </html>

Geronimo 特有の「デプロイメント・プラン」を作成し、それが何なのかをつかみましょう。 WEB-INF ディレクトリーを <app_home> ディレクトリーの下に作成します。

<app_home>/WEB-INF ディレクトリー内にプレーンなテキスト・ファイルを作成し、geronimo-web.xml というファイル名で下記内容をコピーします。

xmlsolidGeronimo deployment plan geronimo-web.xml <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <web-app xmlns="http://geronimo.apache.org/xml/ns/j2ee/web-1.2"> <environment> <moduleId> <groupId>sample.applications</groupId> <artifactId>HelloWorldApp</artifactId> <version>2.0</version> <type>war</type> </moduleId> </environment> <context-root>/hello</context-root> </web-app>

同様に、<app_home>/WEB-INF ディレクトリー内にプレーンなテキスト・ファイルを作成し、web.xml というファイル名で下記内容をコピーします。

xmlsolidweb.xml <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <web-app version="2.4" xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd"> <welcome-file-list> <welcome-file>HelloWorld.jsp</welcome-file> </welcome-file-list> </web-app>

ここでご紹介した HelloWorld (HelloWorld_2.0.zip もしくは HelloWorld_2.0.war) サンプル・アプリケーションがダウンロード可能ですので、あわせてご利用ください。

アプリケーションのデプロイとテスト*

ここでは、アプリケーションのパッケージングの解説は行いません。その代わり、デプロイヤー・ツールの -inPlace オプションを使用します。 それによって、どのディレクトリーからもアプリケーションをデプロイすることが可能になります。

ディレクトリーを <geronimo_home>/bin に変更し、下記コマンドを実行します。

deploy --user system --password manager deploy --inPlace <app_home>

アプリケーションのデプロイが成功すると、下記メッセージが出力されます。

dashed D:\geronimo-jetty6-jee5-2.0\bin>deploy --user system --password manager deploy --inPlace \HelloWorld_2.0 Using GERONIMO_BASE: D:\geronimo-jetty6-jee5-2.0 Using GERONIMO_HOME: D:\geronimo-jetty6-jee5-2.0 Using GERONIMO_TMPDIR: var\temp Using JRE_HOME: C:\Java\jdk1.5.0_06\jre Deployed sample.applications/HelloWorldApp/2.0/war @ /hello Deployed org.apache.geronimo.configs/axis/2.0/car Deployed org.apache.geronimo.configs/cxf/2.0/car


下記 URL をブラウザーに入力し、アプリケーションをテストしてみましょう。

http://localhost:8080/hello

サマリー

ここまでで Apache Geronimo の環境が簡単に構築できることをご理解いただけたかと思います。前提となるソフトウェアが導入されてさえいれば、ほんの数分でサーバーが実行できてしまいます。加えて、シンプルな JSP によるサンプル・アプリケーションの作成/デプロイ/テストまで数分でできてしまうこともお分かりいただけたことと思います。

  • No labels