This Confluence has been LDAP enabled, if you are an ASF Committer, please use your LDAP Credentials to login. Any problems file an INFRA jira ticket please.

Child pages
  • 9.5. EJB サンプル・アプリケーション
Skip to end of metadata
Go to start of metadata
{scrollbar}

top
EJBはJ2EE仕様の重要な技術の一つです。 J2EE 1.5 認証サーバーとしてApache Geronimo はEJBコンテナーであるOpenEJBを利用し、幅広くEJB をサポートします。 通常の(非EJBの)Javaオブジェクトでビジネスロジックを実装する事も可能ですがEJBを利用すると、そこで発生する課題(スケーラビリティ、ライフサイクル管理、状態管理 etc)EJBが対応してくれます。 本稿では、簡単なデータベース・アプリケーションを拡張して、クライアントのアプリケーションがEJBをローカル参照とリモート参照の両方で利用する方法を紹介します。 当該アプリケーションは、Apache Derbyを利用します。 この記事を通じて、エンタープライズアプリケーションの開発作業を簡単にする方法を学ぶ事ができます。

バンキング・アプリケーションは、2種類のクライアント "バンキング リモート" と"バンキングWeb"から利用されます。これらのクライアントは、それぞれEJBのリモート参照とローカル参照のデモです。 両方とも、セッション・ビーンとエンティティ・ビーンにより実装された、共通のビジネス・レイヤーを参照します。 ステートレス・セッション・ビーンは、アプリケーション・クライアントとビジネス・エンティティを接続するビジネスサービス・インターフェースとなります。 アプリケーション層の全てのビジネス・インタフェースは、エンティティー・ビーンとして実装されています。

本稿を読んだ後、EJBの定義、EJBと異なる参照方法との関連を管理する方法を学事ができ、GeronimoのEJB機能を最大限に利用する事ができるようになります。

本章は、以下のセクションから構成されています。

EJB 機能の概要 overview

EJBの実装はベンダー毎に異なっているかも知れません。下記のリストが、J2EE コンテナーとしてのApache Geornimoの機能です。

  • ステートフルとステートレスのセッション・ビーン
  • エンティティー・ビーン
  • メッセージ・ドリブン・ビーン (MDB)
  • RMI-IIOP と、JAXRPCを利用した相互運用性
  • Web Serviceとして外部から利用可能な、ステートレスセッション・ビーンとMDB
  • Web Service経由のメッセージ送受信のサポート
  • EJBとJMXベースのWebサービスの、簡単な準備とホット・デプロイ
  • 外部 CORBA オブジェクトからのEJBの利用

アプリケーションの概要application

バンキング・アプリケーションについて簡単に説明すると、2種類のクライアン・アプリケーショントがあり、それぞれのアプリケーションの概要は以下の通りです。

  1. バンキング・リモート
    簡単なswingのクライアント・アプリケーションで、銀行の管理者向けです。 限られた銀行の行員だけが、このアプリケーションを利用可能です。 銀行口座の預金残高の照会と更新をすることができます。
  2. バンキングWeb
    このアプリケーションは顧客に開放されています。 顧客が自分の口座情報を照会する事ができます。 加えて、銀行の為替レートを照会する事ができます。 Geronimoの環境ではセキュリティ機能を簡単に実装する事ができますが、単純可のために、それぞれのアプリケーションのセキュリティ機能は省略しています。

各クライアントは、共通のビジネス・サービス層を利用します。 ビジネス・サービス層の背後には、バンキング・アプリケーションで使われる3つの共通ビジネスエンティティ(Account, Customer, ExchangeRate)が有ります。 顧客は一つ以上の口座を持ち、口座は一人の顧客によって所有されます。 ExchangeRate は、銀行によって決められる対USドルの為替レートを表現します。

アプリケーションの内容

バンキング・アプリケーションには以下のパッケージとクラスが有ります。

  • org.apache.geronimo.samples.bank.ejb
    • Account - エンティティ・ビーン,DBに格納されている account テーブルの情報を表します。
    • BankManagerFacadeBean - ステートレスセッション・ビーン。クライアント・アプリケーションから利用されるサービスクラスです。
    • Customer - エンティティ・ビーン, DBに格納されている Customer テーブルの情報を表します。
    • ExchangeRate - エンティティ・ビーン, 対USドルの為替レートを表します。
  • org.apache.geronimo.samples.bank.web
    • CustomerServiceServlet - 顧客の口座残高照会のWebリクエストを受け取って、サービスレイヤーを呼び出します。
    • CommonServiceServlet - 為替レート照会のWebリクエストを受け取って、サービスレイヤーを呼び出します。

最終的に、バンキング・アプリケーションはEARファイルとして、アプリケーション・サーバーにデプロイされます。 EARファイルの内容は、下記の通りです。

solid |-Bank.ear |-BankEJB.jar |-META-INF |- persistence.xml |- openejb-jar.xml |-BankWeb.war |-jsp |- customer_info.jsp |- customer_main.jsp |- error.jsp |- exchange_rates.jsp |- index.jsp |-WEB-INF |- web.xml |- geronimo-web.xml |- classes |-META-INF |- application.xml |- geronimo-application.xml

最初に、アプリケーションのビジネス・サービス層がEJBを利用してどの様に実装されているか、見てみましょう

openejb-jar.xml の定義は、Geronimo 独自のEJB機能と一致します。 アプリケーションと共にデータベース・プールをデプロイするので、既存のデータベース・プールへの依存関係は不要です。

xmlsolidopenejb-jar.xml <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <openejb-jar xmlns="http://www.openejb.org/xml/ns/openejb-jar-2.1"> <dep:environment xmlns:dep="http://geronimo.apache.org/xml/ns/deployment-1.2"> <dep:moduleId> <dep:groupId>${pom.groupId}</dep:groupId> <dep:artifactId>${pom.artifactId}</dep:artifactId> <dep:version>${version}</dep:version> <dep:type>jar</dep:type> </dep:moduleId> <dep:dependencies> <dep:dependency> <dep:groupId>org.apache.geronimo.configs</dep:groupId> <dep:artifactId>openjpa</dep:artifactId> <dep:type>car</dep:type> </dep:dependency> </dep:dependencies> <dep:hidden-classes/> <dep:non-overridable-classes/> </dep:environment> </openejb-jar>

persistence.xmlは、永続化の定義で、BankPool経由でBankDBに接続するためにEntityMangerFactoryによって使われます。 <persistent-unit>の名前が、EJBのアノテーションによって参照されます。 SynchronizeMappings属性の構成により、データベースに保存されている既存のデータを更新しない様に指定する事ができます。 これはデータを削除したくない場合には、重要な指定です。 jta-data-source と non-jta-data-source には同じ値を指定する必要が有ります。

xmlsolidpersistence.xml <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <persistence xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/persistence" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" version="1.0" xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/persistence http://java.sun.com/xml/ns/persistence/persistence_1_0.xsd"> <persistence-unit name="BankPU"> <description>Entity Beans for Bank</description> <provider>org.apache.openjpa.persistence.PersistenceProviderImpl</provider> <class>org.apache.geronimo.samples.bank.ejb.Account</class> <class>org.apache.geronimo.samples.bank.ejb.Customer</class> <class>org.apache.geronimo.samples.bank.ejb.ExchangeRate</class> <properties> <property name="openjpa.jdbc.SynchronizeMappings" value="false" /> </properties> <jta-data-source>BankPool</jta-data-source> <non-jta-data-source>BankPool</non-jta-data-source> </persistence-unit> </persistence>

web.xml には、特別な指定は何も要りません。 web-apにサーブレットの定義と、各サーブレットのマッピングが有るだけです。

xmlsolidweb.xml <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_5.xsd" version="2.5"> <welcome-file-list> <welcome-file>/index.html</welcome-file> </welcome-file-list> <servlet> <display-name>CustomerServiceServlet</display-name> <servlet-name>CustomerServiceServlet</servlet-name> <servlet-class>org.apache.geronimo.samples.bank.web.CustomerServiceServlet</servlet-class> </servlet> <servlet> <display-name>CommonServiceServlet</display-name> <servlet-name>CommonServiceServlet</servlet-name> <servlet-class>org.apache.geronimo.samples.bank.web.CommonServiceServlet</servlet-class> </servlet> <servlet-mapping> <servlet-name>CustomerServiceServlet</servlet-name> <url-pattern>/customer_info</url-pattern> </servlet-mapping> <servlet-mapping> <servlet-name>CommonServiceServlet</servlet-name> <url-pattern>/exchange_rates</url-pattern> </servlet-mapping> </web-app>

geronimo-web.xml は、is Geronimo 独自のデプロメイント・プランです。 通常、モジュール情報とコンテキスト・ルートを指定します。 これで、このアプリケーションを表示するためにURLは、http://localhost:8080/Bank になります。

xmlsolidgeronimo-web.xml <web-app xmlns="http://geronimo.apache.org/xml/ns/j2ee/web-1.1" xmlns:naming="http://geronimo.apache.org/xml/ns/naming-1.1"> <dep:environment xmlns:dep="http://geronimo.apache.org/xml/ns/deployment-1.1"> <dep:moduleId> <dep:groupId>${pom.groupId}</dep:groupId> <dep:artifactId>${pom.artifactId}</dep:artifactId> <dep:version>${version}</dep:version> <dep:type>war</dep:type> </dep:moduleId> <dep:dependencies/> <dep:hidden-classes/> <dep:non-overridable-classes/> </dep:environment> <context-root>/Bank</context-root> </web-app>

BankPool.xml には、データベースの接続情報を記述します。 今回は、Geronimoにビルトインされている、Derbyデータベースを利用します。 依存関係には、org.apache.geronimo.configs/system-database//carを指定する必要が有ります。 私の場合、これを違う物にしてしまい障害が発生しました。 下記のデータベース接続プールのプランは、管理コンソールにより生成されたものです。 私が実施した変更は、依存関係を 稼働中のDerbyエンジンであるsystem-databaseにした事だけです。 このデータベース・プールの情報は、EARアプリケーションの一部としてデプロイされます。

xmlsolidBankPool.xml <connector xmlns="http://geronimo.apache.org/xml/ns/j2ee/connector-1.1"> <dep:environment xmlns:dep="http://geronimo.apache.org/xml/ns/deployment-1.1"> <dep:moduleId> <dep:groupId>console.dbpool</dep:groupId> <dep:artifactId>BankPool</dep:artifactId> <dep:version>1.0</dep:version> <dep:type>rar</dep:type> </dep:moduleId> <dep:dependencies> <dep:dependency> <dep:groupId>org.apache.geronimo.configs</dep:groupId> <dep:artifactId>system-database</dep:artifactId> <dep:type>car</dep:type> </dep:dependency> </dep:dependencies> </dep:environment> <resourceadapter> <outbound-resourceadapter> <connection-definition> <connectionfactory-interface>javax.sql.DataSource</connectionfactory-interface> <connectiondefinition-instance> <name>BankPool</name> <config-property-setting name="Driver">org.apache.derby.jdbc.EmbeddedDriver</config-property-setting> <config-property-setting name="UserName">app</config-property-setting> <config-property-setting name="ConnectionURL">jdbc:derby:BankDB</config-property-setting> <connectionmanager> <local-transaction/> <single-pool> <max-size>10</max-size> <min-size>0</min-size> <match-one/> </single-pool> </connectionmanager> </connectiondefinition-instance> </connection-definition> </outbound-resourceadapter> </resourceadapter> </connector>

geronimo-application.xml には、データベースプールがあるアプリケーションがあり、これもデプロイする必要がある。データベースプールはBankPool.xmlに定義され、デプロイをするために必要なドライバーはtranql-connector-ra-1.3.rar ファイルです。これら2つのファイルはEARファイルのトップレベルに配置します。 

xmlsolidgeronimo-application.xml <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <application xmlns="http://geronimo.apache.org/xml/ns/j2ee/application-1.2"> <environment xmlns="http://geronimo.apache.org/xml/ns/deployment-1.2"> <moduleId> <groupId>${pom.groupId}</groupId> <artifactId>${pom.artifactId}</artifactId> <version>${version}</version> <type>ear</type> </moduleId> </environment> <module> <connector>tranql-connector-ra-1.3.rar</connector> <alt-dd>BankPool.xml</alt-dd> </module> </application>

サンプル・データベース

今回のデモのサンプル・データベースは、Geronimo内蔵のDerbyデータベースを利用します。サンプル・データベースの名前は、BankDBで、CUSTOMER, ACCOUNT, EXCHANGE_RATEという3テーブルから構成されます。各テーブルの定義は以下の通りです。

Table Name

Fields

CUSTOMER

customerId (PRIMARY KEY)
name

ACCOUNT

accountNumber (PRIMARY KEY)
accountType
balance
customerId

EXCHANGERATE

rateId (PRIMARY KEY)
currency
rate

CUSTOMERテーブルは、顧客の情報を保存します。IDと名前を管理するだけのテーブルです。ACCOUNT テーブルは、ユニークな口座番号が主キーです。口座の種類と残高を管理します。AccountテーブルのcustomerIdは、Customerテーブルへの外部キー で、口座の所有者の情報を保持します。EXCHANGERATE テーブルは rateId が主キーです。EXCHANGERATEの各レコードは、 通過名と支払い時に利用される為替レートを保持します。

利用ツール

バンキング・アプリケーションのビルドとデプロイで利用されるツールは、

Apache Derby

Apache DBサブプロジェクトのApache DerbyはJavaで実装されたリレーショナル・データベースです。フットプリントが非常に小さいので、Javaベースのあらゆるソリューションに容易に埋め込めます。更にこのような埋め込み型のフレームワークだけではなく、Derby Network Serverを使えば、一般的なクライアント-サーバー型のフレームワークをサポートできます。

http://db.apache.org/derby/index.html

Apache Maven 2

MavenはエンタープライズJavaプロジェクト向けに広く使われているオープンソースのビルド・ツールで、ビルド作業に伴う大変な仕事を肩代わりしてくれます。MavenはAntやmakeのようなタスク・べースのアプローチではなく、プロジェクトの構造やコンテンツを記述するという宣言的アプローチを採用しています。これにより全社的な開発標準の遵守が容易になり、ビルド・スクリプトの開発と保守の時間を削減できます。Maven1は宣言的でライフサイクル・ベースのアプローチを採用したことで従来のトラディショナルなビルド・テクニックから劇的に飛躍しました。Maven2では、この点が更に推し進められています。Maven2は以下のURLからダウンロードできます。
http://maven.apache.org

Back to Top

サンプル・アプリケーションの構成、ビルドとデプロイconfigure

以下からバンキング・アプリケーションをダウンロードします。
Bank

圧縮ファイルを復元すると、bank というディレクトリーが作られます。

ソースコード

当サンプルのソースコードはSVNからチェックアウトできます。

svn checkout http://svn.apache.org/repos/asf/geronimo/samples/trunk/samples/bank

構成

当アプリケーションでの構成作業は、データベースの作成とデータベースにアクセスするためのコネクション・プールの定義です。

データベースの作成と操作

Bank DB を作成するには、Apache Geronimoを開始してコンソールにログインしてから、以下のステップを実行してください。

solidBankDB.sql CREATE TABLE Customer( customerId VARCHAR(255) PRIMARY KEY, name VARCHAR(255) ); CREATE TABLE Account( accountNumber VARCHAR(255) PRIMARY KEY, accountType VARCHAR(255), balance DOUBLE, customerId VARCHAR(255), FOREIGN KEY (customerId) REFERENCES customer ); CREATE TABLE ExchangeRate( rateId VARCHAR(255) PRIMARY KEY, currency VARCHAR(255), rate DOUBLE ); INSERT INTO Customer(customerId, name) VALUES('12345','John Doe'); INSERT INTO Account(accountNumber, accountType, balance, customerId) VALUES('1234567890','Savings',1005.35,'12345'); INSERT INTO Account(accountNumber, accountType, balance, customerId) VALUES('2345678901','Current',999.95,'12345'); INSERT INTO ExchangeRate(rateId,currency,rate) VALUES('001','EURO',0.812); INSERT INTO ExchangeRate(rateId,currency,rate) VALUES('002','YEN',111.15); INSERT INTO ExchangeRate(rateId,currency,rate) VALUES('003','SLR',99.18);
  1. 左側のConsole Navigationから DB Manager のリンクを選択
  2. database nameに BankDB と入力して Create ボタンを押す
  3. Use DBフィールドで BankDB を選択
  4. テキスト・エディターでbankディレクトリーにある BankDB.sqlを開く
  5. BankDB.sql の中身を SQL Commands テキスト・エリアに貼り付け、Run SQL ボタンを押す

ビルド

コマンド・プロンプトで bank ディレクトリーに移動して、mvn install site コマンドをそのまま入力するとビルドが始まります。結果、bankフォルダーの下に bank-ear-2.0-SNAPSHOT.ear が作成されます。さあ、これでbankアプリケーションをGeronimoアプリケーション・サーバーにデプロイする準備が整いました。

アプリケーションのデプロイ

サンプルアプリケーションのデプロイは管理コンソールを使えば非常に簡単です。

  1. Console Navigation パネルで Deploy New までスクロール・ダウン
  2. Archive 入力ボックスに bank フォルダー上の bank-ear-2.0-SNAPSHOT.ear を指定
  3. Install ボタンを押すとアプリケーションがサーバーにデプロイされる.

Back to Top

Banking Web アプリケーション

サンプルのWebアプリケーションをテストするには、ブラウザーを開いて http://localhost:8080/Bank とタイプします。すると、bankアプリケーションのインデックス・ページが表示され、そこには顧客と交換レートの情報を表示するためのダイレクト・リンクがあります。顧客の個々の口座の情報を見るには、DB上で該当する顧客idを入力します。交換レート・ページは交換レート・テーブル上の全ての通貨のリストを表示します。('Bank'はケース・センシティブであることに注意ください)

サマリー summary

当記事ではApache GeroimoのEJB機能の使用方法を紹介しました。各種の機能を理解いただくため、アプリケーションをビルド、デプロイし、実行するところまでをステップ・バイ・ステップでご紹介しました。

以下が当記事のハイライトです。

  • Apache Geronimo は J2EE 1.5 準拠のアプリケーション・サーバーであり、エンタープライズ・アプリケーション用に必要な全ての機能を持っています。
  • セッション・ビーンとエンティティ・ビーンの作成と構成
  • 様々な種類のクライアントから、エンタープライズ・レベルのサービスへのアクセス定義
  • No labels