This Confluence has been LDAP enabled, if you are an ASF Committer, please use your LDAP Credentials to login. Any problems file an INFRA jira ticket please.

Child pages
  • 1.5. データベースの作成
Skip to end of metadata
Go to start of metadata
{scrollbar}

Geronimo に新規で埋め込み型データベースを作成する場合には、 DB Manager ポートレットを使用できます。 Console Navigation メニューの一番下部に近い部分で、 Embedded DB -> DB Manager を選択してください。このポートレットは下図に示す DB Viewer および Run SQL ポートレットを起動します。


DB Viewer ポートレットは、使用可能なすべてのデータベース、テーブル(アプリケーションおよびシステム)、およびそれらテーブルのコンテンツを表示します。

RunSQL ポートレットでは、 SQL コマンドを実行し、データベースの作成/削除、テーブルのコンテンツの変更ができます。このポートレットでは、プルダウン・メニューにより、コマンドの実行対象としたいデータベースを選択できます。

テスト用にデータベースを作成してみます。 Create DB: フィールドに test と指定し、 Create をクリックします。 数秒後には確認用のメッセージが出力され、 Run SQL ポートレットの底部近くに Database created: test と表示されます。  DB Viewer ポートレットに test データベースのエントリーが追加されます。

このデータベースに対して SQL コマンドを発行したい場合、Use DB: プルダウン・メニューより test を選択し、SQL コマンドを入力し、Run SQL ボタンを押下します。 ポートレットの底部近くにコマンドの実行結果が表示されます。

  • No labels